銀行ローンが人気なのはなぜ?

キャッシングといえば以前は消費者金融を思い浮かべたものですが、最近では多くの銀行がキャッシング業界に参入してきています。
銀行カードローンを選ぶメリットについてご説明します。

無職の専業主婦の場合、総量規制の対象となる消費者金融や信販系のカードローンから融資を受けることはできません。
でも銀行は貸金業者ではないため総量規制対象外となっています。配偶者に安定収入があるという条件をクリアしていれば、
専業主婦でも借入可能な銀行カードローンを見つけることができます。もちろん仕事を持つ主婦の方でも利用可能です。
しかも配偶者の所得証明書や同意書は一切不要で申込みできる手軽さも、専業主婦にとっては大きなポイントです。

消費者金融と比較してみると銀行カードローンは全体的に低めの金利設定となっています。
金利の差は利息の支払いに直結するので、できるだけ低金利で借り入れできるに越したことはありません。
低金利の銀行カードローンを利用することで、返済負担を少しでも軽減することが可能になります。

銀行カードローンの限度額はかなり幅広い設定になっています。専業主婦の少額利用からおまとめローンなどの大口融資まで、用途や利用者に合わせて対応することができます

同じ銀行の口座を持っていると、振込融資や返済などの際にもより便利に利用できます。
新規申込時も口座の有無により契約までの時間を短縮できることがあります。
お金を借りる側としては、銀行が提供するカードローンということでやはり安定感があるイメージがあります。
銀行が持つ信頼性が、多くの利用者の人気を集める理由の一つといえるでしょう。

カードローンを扱う銀行としては、メガバンクや地方銀行、またネットバンク、ITバンク系といったように多様なタイプがあります。
保有口座や使い勝手によって、自分にぴったりの銀行カードローンを見つけることができます。
参考:専業主婦でも借りれるカードローン