銀行カードローンの保証会社とは何か

銀行カードローンには低金利や即日融資、極度額が大きい、利用使途と言われているお金の使い道が自由、200万円までや300万円までは所得証明書の提出が不要などの特徴が在ります。

銀行カードローンの最大の魅力は低金利ローンであり、月々の返済に含まれる利息分が少なくて済むため、返済にも余裕が出来ると言う魅力は大きいと言えます。

また、申し込み時に保証人や担保が要らないため、当日中にお金が必要になった時でも慌てずに済みますし、銀行の業務が完了する前に契約を終えておけば即日融資でお金を借りる事が出来ると言ったメリットも在ります。

更に、極度額が大きいため返済能力に応じた利用限度額が設定される事からも高額融資も可能になるなどのメリットも在ります。

消費者金融の場合は総量規制により、年収の3分の1未満と言った形で融資を受ける事になりますが、銀行カードローンは総量規制対象外となるため、年収の3分の1を超える融資も可能になると言う事です。

尚、借り入れ可能額と言うのは審査により定められるのが特徴で、希望額通りになる場合も在れば、希望額よりも少なくなる場合も在ります。

また、銀行カードローンの審査は保証会社と銀行の両者が行うのが特徴で、大手の消費者金融が保証会社となっている事も少なく在りません。

尚、銀行と消費者金融はそれぞれ異なる信用情報機関に加盟をしているため、銀行で借り入れが無くても、消費者金融でお金を借りている場合などでは融資額が少なくなる場合も在ります。