カードローンの返済方法の種類について

カードローンを借りる場合に金利やどれくらいの額借りられるか・銀行などそれぞれの審査方法も重要ですが、それとともに返済方式についても知っておく必要があります。
なんとなく毎月決められた額を返済する人が多いですが、その種類によって利息の総返済金額や返済期間に差が出てくるからです。

返済方法は時代ごとに違ってきていますが、最近はリボルビング払い・元金均等払い・元利均等払いが主流です。ただ完全にその3つのどれかに分かれるのではなく組み合わせて利用するパターンが多いです。

リボルビング払いというのは毎月の返す金額が固定された方法です。毎月決まっているため計画立てがしやすいという一方で、どれくらい借りているのか、あとどれくらい返せばよいのかという残高が分かりにくく、さらに追加で借りてしまったりしてどんどん完全に返せるまでの期間が長引いてしまうおそれはあります。

元金と元利の均等払いというのは分割払いの方式です。何回で返すかによって1回に返す額は違ってきます。それぞれ、直接借入した金額・元金を固定して行なう方法と、元金と利息額を固定して行なう方法があり、メリットデメリットがあります。元金払いの方は利息が最小限で済むかわりに最初に支払わなければならなくなる額が大きくなるので元利払いを利用する方が一般的です。

それぞれの方式の仕組みを知っておくとともに、どんどん借金することのないようカードローンは計画的に利用するようにしましょう。