カードローンにおけるブラックリストって何?

カードローンの業界では時折「ブラックリスト」という単語が使われるのですが、実はこの単語は金融業界においては使われていない言葉であり、消費者側が使っていくうちに普及してしまった言葉です。
そのためブラックリストという言葉に付いては「そういったものは無い」ということが答えになるのですが、ほとんどの場合ブラックリストというのは「個人信用情報に瑕疵が付いている」状態のことを指しています。
それではこの個人信用情報に瑕疵が付いている状態とは何か、ざっくり解説してしまうと「過去の借金の返済において問題を起こしたことがあり、その履歴が残っている」ということになります。
個人信用情報は銀行や消費者金融といった金融機関が融資をした際に記録されていく情報で、この信用情報の中にはそれぞれの個人が過去にどこから、どれくらい借りて、どのように返済したのかということが記載されています。
そして万が一債務整理をしたことがあったり返済が延滞したということがあればそれも記録されていくことになっています。
さて、ただ記録がされていくであればそこまで問題はありませんが、重要なのはこの情報は審査において必ず確認されるという点です。
言ってしまえば信用情報は金融機関同士で作られる個人の評判であり、その評判の中で「この人は過去に借金を返さなかったことがある」と言われてしまうとどのような金融機関も融資はしたくないと思うものです。
ただ一度こうした状態になっても数年が経過すれば信用情報は回復しますから、もしこうなった場合にはまず数年おいて信用を回復させるようにしましょう。