借り換えで審査が甘いところは?

カードローンの借り換えでは、それほど審査は厳しくないと言われています。金利が高い会社から低い会社へと借り換えることになるので、審査は難しくなるように思えますが、限度額は変わらないのでおまとめローンのように大きく難易度が上がるわけでもありません。例えば、とある会社から金利18%で限度額100万円のカードローンを契約していて、そのうち50万円だけを借りていたのだとしたら、金利14%の銀行カードローンで限度額50万円を借りられたら目的は達成できます。ただ50万円を借りるだけなら銀行のフリーローンのほうがよいかもしれません。フリーローンはカードローンのように限度額の範囲内での追加融資は受けられませんが、借りられる金額が大きくなりやすいのがメリットです。

カードローンの借り換えでは、新規で借りたときよりも属性が良くなっていることが重要です。それまでのローンの返済で延滞をしていなければ、それだけで信用は上がっています。年月が経過していれば年収が上がっている人も多いでしょう。住宅ローンを組んだ人は不利になると考える人がいますが、マイホームを持っていることは信用につながるので、住宅ローンの負担が大きすぎなければそれほど不利にはなりません。住宅ローンを組んでいれば優遇金利が受けられる銀行もあるので、むしろ有利になるかもしれません。

審査の基準は金融機関によってさまざまですので、1社に落ちただけでは諦めないことが重要です。申し込みすぎるのはよくありませんが、候補を2、3社くらい見つけておくとよいでしょう。